下取り 買取り

下取りと買取りの違いを教えて下さい。

下取りと買取りの違いを教えて下さい。

不要になった車の処分方法として、下取りと買取りがありますが、車の売却をした事が無い場合ですと違いがよく分からない事もあるものです。それぞれには異なる点がありますので確認しておくと良いでしょう。

 

まずは下取りについてですが、下取りというのは車を購入しようと考えている販売店で引き取ってもらう売却方法の事を指します。こちらの売却方法は現金を受け取る事はできず、新しい車の購入費用から差し引いてもらう事になります。購入と売却を一緒に行えるという事ですので、手間を掛けたくない時に便利な売却方法と言えます。

 

では、一方の買取りというのはどういった売却方法なのかと言いますと、こちらの売却方法は業者に売って現金を手にする事ができる売却方法になります。売って得た現金を車の購入費用に使うのも、別の目的に使うのも自由です。

 

車を購入する場合ですと売ったり買ったりという手続きが必要になりますので、手間暇が掛かってしまうというデメリットがあります。しかし、買取りには大きなメリットがあります。それは下取りよりも高値で売れる事が多いという事です。一般的には買取りしてもらった方が高く売る事ができますので、高値で売るなら買取りの方が適していると言えます。

 

なんでだろ〜

 


ホーム RSS購読 サイトマップ